育毛剤おすすめ

私のおすすめの育毛剤

育毛剤おすすめ/ほうとうに効く育毛剤の選び方

 

今は多くの育毛剤が発売されています。
ですが、ほんとうに毛が生えてきて育毛剤の意味があります。
当サイトでは、育毛効果がはっきりと証明されていて実際に毛の生えてくる育毛剤のみをご紹介しています。

 

ドラッグストアーなどに行きますと、いろんな育毛剤が発売されています。

 

皆さんも何度か育毛剤を試した経験のある人がこのサイトを見ているはずです。

 

実際に効果がありましたか?

 

高額な育毛剤からお手軽価格の育毛剤まで沢山ありますが、実際に育毛効果がある成分はすでに医学的に分かっています。

 

現時点では、その2成分を使用知る事が間違いなく育毛する近道であり、その他の育毛剤はいろんな昔から伝えられた漢方成分をふんだんに入れた商品がありますが、効きそうで全く効かないのが現実です。

 

その2成分はミノキシジルとフィアナステリドになります。

 

フィナステリドはプロペシアト言う商品名で有名になっています。ナイナイの岡村さんが使用してフサフサになった薬もこれだと思います。

 

ドラッグストアーで唯一効果がはっきりしているのは、リアップです。

 

リアップの成分はミノキシジルで5%のタイプは効果が期待できます。ですが価格が7000円近くして高いので続けるのが非常に困難なのが現状です。

 

当サイトでは、個人輸入を利用してこれらの成分が入ったオおすすめの育毛剤をお安い値段で購入する方法を記載しています。

 

本当に育毛したのでしたら、当サイトがご紹介している商品を利用してみて下さい。

 

 

 

 

育毛剤おすすめランキング

 
プロペシア

 

プロペシア

 

 

男性型脱毛症(AGA)の治療に使用されている育毛剤です。。
プロペシアの成分「フィナステリド」は、脱毛の原因と考えられているDHT(ジヒドロテストステロン)と言う成分を作らせない効果があります。
DHT(ジヒドロテストステロン)が生産されるのに必要な5α-還元酵素を阻害する事で、DHTを抑制します。
日本でも長期に及ぶ臨床実験の結果、98%の人にAGAの進行が起きない事を確認、同時に育毛効果がある事も認められました。
一日一回服用するタイプの育毛剤です。
約6か月の服用で育毛効果がでてきます。

 
 
ツゲイン10(ミノキシジル10%)

 

ツゲイン10(ミノキシジル10%)

 

ツゲインの成分ミノキシジルは、日本では、「リアップ」アメリカでは、「ロゲイン」などで有名です。
ツゲインはリアップなどの安価なジェネリックになります。
ツゲインは直接頭皮に塗るタイプの育毛剤になります。
リアップなどに比べてミノキシジルの配合量が10%と高い事が特徴です。
日本皮膚科学会が発表した男性型脱毛症に効果がある育毛成分の中で最高のAを獲得したミノキシジル成分の育毛剤です。
同じ成分の育毛剤でもリアップなどに比べ大変お安い価格となっております。

 
 
アボダート

 

アボダート

 

プロペシアと同様に、DHT(ジヒドロテストステロン)が生産されるのに必要な5α-還元酵素を阻害する事で、DHTを抑制します。
アボダートの成分である「デュタステライド」は5α還元酵素にはT型とU型があるのですが、その両方を抑制する効果がありますので、プロペシアよりも強い育毛効果があるとされています。
実際プロぺシアに比べて、デュタステライドは30%育毛効果が高いという検査結果も出ています。

 

 
 
フィンペシア

 

フィンペシア

 

プロペシアと同じ成分のジェネリックになります。
フィンペシアの主成分であるフィナステリドが 5α-還元酵素を阻害することでDHT産生を抑制して、ヘアーサイクルを正常に保ち脱毛を防いで、育毛効果を発揮してくれます。
日本の臨床実験でも。98%の人に効果があったという結果が出ています。

 
 

★只今、急上昇中!

ミノキシジル5% + フィナステリド外用液(モール・エフ)

 

ミノキシジル5% + フィナステリド外用液(モール・エフ)

 

モールエフ(Morr F)の強み

 

・『ミノキシジル』と『フィナステリド』が1本に!
・ミノキシジル=リアップ、ロゲイン、ロゲインジェネリック(ツゲインなど)
・フィナステリド=プロペシア、フィンペシア、フィンカーなど
・抜け毛防止、発毛の2大成分が配合された画期的な外用薬!

 

モールエフ(Morr F)

 

『育毛・発毛』成分ミノキシジルに、『抜け毛を阻止』するフィナステリド成分が両方配合された育毛の塗り薬がモール・エフです。

 
 

6位ロニタブ

 

 

ロニタブ

 

ロニタブは、飲むタイプのミノキシジルです。
ミノキシジルと聞くと、頭皮に直接塗るタイプを思い浮かべますが、飲むタイプも存在します。
塗るタイプとの違いは、「塗布タイプ」のミノキシジルでは実感できなかった、「生え際の発毛・育毛」にも効果が確認できたというユーザーの声が多い事です。
ミノキシジルは、日本皮膚科学会により、育毛促進に効果がある認められた育毛剤成分です。

 

薄毛の原因

 

薄毛の原因はいろんな要素が重なって、薄毛になっていきます。

 

たとえば、ストレスが凄くたまると、突然円形脱毛症になるなどは、典型的なストレスによる脱毛です。

 

また最近は亜鉛の接収不足が薄毛の原因とも言われています。亜鉛は髪の毛を作るのに欠かせない成分でこれな少なくなると、髪の毛を作る事ができません。
育毛のメカニズムが狂って薄毛になる事も解明されています。

 

男性ホルモンのストステロンが5α酵素の力によって、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変わり、このジDHT(ジヒドロテストステロン)が発毛サイクルを阻害する事が分かっています。

 

このような形で薄毛になっていく人をAGAと呼んでいます。

 

現在、AGAの治療でもっとも効果があるとされているのが、プロペシアとミノキシジルになります。現在のAGA治療の要でもあります。

 

また普段からの洗髪も重要です。しっかりと毛穴に溜まった老廃物を洗い流す事により、薄毛はかなり改善されます。

 

意外に皆さんいい加減にシャンプーを選んでいますが、ノンシリコンで、アミノ酸系のシャンプーを使用する事により毛穴の老廃物が綺麗に落ちますのでこの手のシャンプーを使用するように心がけましょう。

 

最近のおすすめのシャンプーは、プレミアムブラックシャンプーです。

 

これ一本で、コンディショナーも必要ありませんので、とても便利で、経済的です。

 

髪の毛の仕組み

 

髪の毛は、基本的には頭皮が変化してできたものになります。言ってみれば頭皮の一部と言うことですので、髪の毛を丈夫にするのは頭皮を丈夫にする事につながります。

 

髪の毛は頭皮の中に毛球と言う膨らんだ部分があり、その毛球の中に毛母細胞と毛乳頭があります。

 

毛乳頭は、大切な部分でここで全ての髪の毛の成長をコントロールをしています。毛乳頭が指令を出すと毛母細胞が分裂して、細胞が角化し髪の毛となって出てきます。

 

育毛効果のある育毛剤を更に詳しく知りたい方はこちらでご覧下さい。

 

髪の毛のヘアーサイクル

 

ヘアーサイクル

成長期
毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返し、髪の毛を作っている時期です。
成長期は男性は3年〜5年、女性は4年〜6年程度で、全体の8割を占めています。

 

退行期
毛母細胞が活動が減少して、髪の毛は成長を止めます。
退行期は約2〜3週間で、髪全体の約1%と言われています。

 

休止期
この時期には毛母細胞の活動は止まり、髪の毛は自然に抜けていきます。
その後3か月ほどで、新しい髪の毛の成長期が始まります。

 

このヘアーサイクルが狂い始めると、薄毛になっていくと言う訳です。

 

当サイトおすすめの育毛剤はこちらで詳しくご紹介しています。

 

男性型脱毛症AGAへのプロペシアの効果

 

ホーム RSS購読 サイトマップ